DANRAKU

特許明細書の段落番号を自動で付与・振り直し・削除する Wordアドイン

DANRAKUをダウンロードする Free

必要な機能を、シンプルに、分かり易くまとめました

動作環境・仕様

  • Windows XP以降に対応 (XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10 対応;海外版にも対応)
  • Word 2007以降に対応 (2007/2010/2013/2016 対応)
  • フリーソフトウェア(オープンソース)

※ 本ソフトウェアについて

オープンソースソフトウェアとして開発しています。Githubにてソースコードを公開しています。

無償でご利用頂け、またソースコード(VBA マクロ)の改変をご自由に行って頂けます。

なお、利用にあたってはAt your own risk(自己責任)でのご利用をお願い致します。サポートや業務内容に合わせたカスタマイズを弊社にご依頼される場合はお問い合わせページよりお問い合わせください。有償で対応させて頂きます。

インストール・アンインストール手順

インストール手順

  1. Wordを起動中の場合、終了
  2. 同梱の"Setup_WordAddin.vbs" をダブルクリック (→ フォルダが開きます。)
  3. 表示されたフォルダ内に、"DANRAKU.dotm" ファイルをコピー

※ 上記手順で「アドイン」タブにボタンが表示されない場合

  1. 「Word オプション」→「セキュリティセンターの設定」→「マクロの設定」で、
    「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」のチェックボックスをONに
  2. 「Word オプション」→「アドイン」→「Wordアドイン」の一覧で、
    "DANRAKU.dotm"のチェックボックスをONに

アンインストール手順

  1. Wordを起動中の場合、終了する
  2. 同梱の"Setup_WordAddin.vbs" をダブルクリック (→ フォルダが開きます。)
  3. 表示されたフォルダ内の、"DANRAKU.dotm" ファイルを削除

使い方

【JP】グループのボタン (日本語特許明細書用)

  • 自動付与
    • 特許明細書中の【0000】形式の段落番号を一旦全て削除し、
      適宜、段落番号を自動挿入します。
      • 【0000】形式の段落番号: 特許明細書中において、墨付き括弧【】で囲まれた段落番号を示す見出し
      • 段落番号の挿入箇所は、「。」で終わった文と、「 (全角空白)」で始まる文との間などになります。
    • ※ 段落番号を自動で作成するので、段落番号のつけ方で悩む必要がなくなります。
  • 振り直し
    • 特許明細書中の「@(全角アットマーク)」を【0000】形式の段落番号とみなして、段落番号を先頭から順に振りなおします。
  • 変換
    • 【0000】形式の段落番号を、[0000]形式に変換します
      • [0000]形式: 英文の特許明細書で利用される段落番号の形式(PCT出願やUS出願など)
    • ※ 変換するとともに、段落番号を先頭から振り直します。
  • 削除
    • 特許明細書中の【0000】形式の段落番号を全て削除します。
    • ※ 段落番号の前後に空白(全角・半角スペースまたはタブ記号)が含まれている場合には、合わせて削除します。なお、段落番号の直後に文字が記載されている場合にはその段落番号は削除しません。

[EN] グループのボタン(英文特許明細書用)

  • 振り直し
    • 特許明細書中の「@」を[段落番号]とみなして、[段落番号]を先頭から順に振りなおします。
  • 変換
    • 英文特許明細書で利用される段落番号の形式([0000])を、日本語特許明細書の形式(【0000】)に変換します。合わせて、段落番号を振りなおします。
  • 削除
    • 特許明細書中の[段落番号]を削除します。段落番号の前後に空白(半角スペースまたはタブ記号)が含まれている場合には、合わせて削除します。なお、段落番号の直後に文字が記載されている場合には、段落番号とその前に存在する空白・タブを削除します。

DANRAKU グループのボタン

  • 使い方
    • このWebページを表示します。